時代とともに移ろいゆく日本の食卓に寄り添いながら
ハウス食品はカレーライス文化の創造から
様々な食文化への挑戦に取り組んできました。
そんなハウス食品が歩んできた歴史をご紹介します。

HISTORY

大正 浸透し始める洋食文化

財閥の誕生や銀行の発展を受けて“サラリーマン”という概念が生まれた大正期。都市化が進む中でコロッケやとんかつ、そしてカレーの三大洋食が流行するようになり、日本食をベースにした食の西洋化が発展しはじめたのであった。

1913
(大正2年)
「カレー粉」販売開始

ハウス食品の前身である薬種化学原料店「浦上商店」の創業者である浦上靖介は、得意先からビン詰め「カレー粉」の販売を委託され、これを機に本格的にカレー粉の研究に没頭する。ハウス食品が生んだカレーライス文化の第一歩であった。

1926
(大正15年)
「ホームカレー」製造・販売開始

浦上靖介は稲田食品製造所から、「ホームカレー」の商標と営業権、そして小阪工場(現在の大阪府東大阪市)も譲り受け、本格的に食品製造販売に乗り出した。しかし、当時はカレーを見たことも食べたこともない人が多く、なかなか売れない開拓者の苦労を味わったという。

昭和初期 外食としての洋食文化

家庭料理の中にも洋食が少しずつ浸透し始めるものの、普及したのは外食としての洋食。大衆食堂を中心に全国的に洋食が広まった。

1928
(昭和3年)
「ハウスカレー」誕生。
業界初の実演宣伝販売を実施

製品の改良を重ね、少しずつ売上を伸ばした靖介は、靖代夫人から「日本には『ホーム』の概念はあらしまへん。『ハウス』だす」という言葉にヒントを得て「これこそ日本人にぴったりの商標である」と確信。家のマークの新商標「ハウスカレー」が誕生した。さらに実演宣伝員を養成、お客様の目の前で調理し試食を行う、業界初の実演宣伝販売を実施し、ブランド確立に注力した。

1952
(昭和27年)
「宣伝カー」による販売促進

“即席ハウスカレー”のパッケージをかたどった宣伝カーは、売上増に大きく貢献した。全国各地、一軒一軒小売店の前に車を止め、CMソングを流しながら、アナウンサーや専属の楽団員がマイクで宣伝。この宣伝カーは大好評となり、各地のお得意様から「当地にも宣伝カーを派遣してほしい」という要望が続々と寄せられるようになった。

昭和 中・後期 戦後、そして高度経済成長期の食卓

戦争によって洋食文化の発展は、その歩みを止めざるを得なかった。しかし戦後の高度経済成長を経て、一般家庭でも洋食が作られるようになっていった。

1963
(昭和38年)
「バーモントカレー」誕生

当時のカレーは辛く、「大人の食べもの」というイメージが強かった。このカレーを、子供も大人も一緒においしく食べられるようにしたいという願いから生まれたのが「ハウスバーモントカレー」である。今や日本の家庭用カレーの代名詞となった。

「バーモントカレー」開発秘話

「子供と一緒に食べられるカレー」という課題に対し、当時の社員はみかんやバナナなどの子供が好んで食べる果物をカレーに入れることを思いつき、「フルーツカレー」を開発。改良を重ねる中で、長寿で有名なアメリカ・バーモント州に民間療法として伝わるりんご酢とはちみつを使った「バーモント健康法」と出会い、りんごとはちみつを使った「バーモントカレー」が誕生したのであった。

1968
(昭和43年)
ターゲットの嗜好に合わせた
「ジャワカレー」

南の島ジャワのイメージにふさわしい爽快な辛さと刺激のある味わいの大人向けのカレーとして登場した「ジャワカレー」。ハウス食品のルウカレーの中で一番辛いカレーとして支持される当製品は、長年にわたって香辛料と向き合ってきたハウス食品ならではのものといえよう。

1971
(昭和45年)
ハウス食品初となる
レトルトパウチ製品

常温で長時間保存が可能で、温めるだけで食べることができるレトルトカレーとして、『調理しない』という意味のクックレスをネーミングに使用。新発売されたのが「ハウスククレカレー」。以前からカレー以外のレトルト製品が発売されていたが、市場に定着せず、当時はレトルト食品市場も120億円規模に過ぎなかった。ククレカレーも発売当初苦戦したが、販売戦略を大きく転換し思い切ったイメージチェンジを実施。赤い甘口、黄色の辛口のパッケージが店頭に並び、「おせちもいいけどカレーもね!」というCMが話題となり、レトルトカレーの基盤を築いた。

平成 変化し続ける食卓とともに

核家族など家庭の人数・年齢構成などとともに、
改めて食の重要性や多様性が問われている時代といえる。

1996
(平成8年)
主婦の声を取り入れた新たな試み

複数のブランドのカレーを混ぜて作る主婦の使い方からヒントを得て「こく」と「まろやかさ」という2つのルウをハウス独自のノウハウでブレンドしたルウカレーを開発。奇抜なネーミングもハウス初の試みだったが、お客様起点の発想を貫いた結果、今ではバーモントカレーに次ぐ製品に成長した。

2007
(平成19年)
宇宙空間における食の提供

宇宙航空研究開発機構とともに日本人宇宙飛行士用に特別に開発し、2007年6月に宇宙日本食として正式に認証された宇宙日本食レトルトカレー3品のうち「ビーフカレー」を、「SPACE CURRY(スペースカレー)」<ビーフ>として発売。無重力状態や宇宙放射線の影響など地上とは異なる宇宙空間での生活をサポートするため、通常のレトルトカレーに比べてウコンやカルシウムを多く含み、スパイシーで味を濃くするなど、独自の工夫を施した。

2009
(平成21年)
「朝にカレー」という新概念

「カレーを朝食べる」という食シーンの開拓にチャレンジし、カレー市場の活性化を目指すハウス「めざめるカラダ 朝カレー」。共働き家庭の増加による調理時間の短縮や朝食を摂ることの重要性が社会に広く浸透し始めた当時の生活をサポートした。

2011
(平成23年)
災害時にも役立つ製品の実現

東日本大震災が発生した2011年。ハウス食品は、災害時の非常食としても役立つ「温めずにおいしいカレー」を発売。アレルギーの人も食べられるよう、特定原材料7品目(卵・乳・小麦・そば・落花生・えび・かに)不使用のこの製品は、誰でも安心して食べられることはもちろんのこと、調理時間の短縮を実現し、幅広いシーンに貢献した。

2013
(平成25年)
「バーモントカレー」発売から50年

1963年当時の副社長であった浦上郁夫の「子供と一緒に食べられるカレーを作ろう」という発想から試行錯誤の末に誕生した「バーモントカレー」。発売から数か月後には爆発的なヒット製品となり、現在は年間売上数量21億食分という膨大な数字を築き上げた。年間生産量のパッケージを大小積み上げると富士山の高さ3,776mのおよそ700倍の高さとなる。カレーは、自他共に認める国民食として根付いた。

CHALLENGE

様々な食文化への挑戦

カレーライス文化の創出のほか、
デザートやラーメン、スナック菓子など
様々な食文化へ挑戦し続けるハウス食品。
そんな私たちの挑戦心から生まれた
主な製品をご紹介します。

1958(昭和33年) 炒飯の素

サッとひと振りでおいしい炒飯ができます。
各種の調味料やスパイスをブレンドしていますので、
おいしい炒飯が出来ます。

CLICK

1964(昭和39年) プリンミクス

牛乳を使用しなくてもポットのお湯(70℃)で
簡単に作る事ができる粉乳入りのプリンの素です。

CLICK

1966(昭和41年) シチューミクス

ブイヨン感のあるうまみが特徴の顆粒タイプのシチューの素なので、
調理時に溶けやすく、しっかりとしたうまみの
ごはんにあうシチューが家族みんなで味わえます。

CLICK

1976(昭和51年) フルーチェ

牛乳と混ぜるだけで、お子様でも簡単にデザートが作れます。
果肉と果汁入りのフルーテイーなおいしさと、
ぷるぷるとした他にない食感のデザートを楽しめます。

CLICK

1978(昭和53年) とんがりコーン

コーンを素材にヘルシーな植物油でしあげた
カリッと軽いナチュラルなコーンスナックです。

CLICK

1979(昭和54年) うまかっちゃん

スープは豚骨エキスをベースに野菜エキス・香辛料でまとめた白濁したスープです。
ポークの香り高いオイルがおいしさを一層ひきたてます。

CLICK

1983(昭和58年) 六甲のおいしい水

日本国内での家庭用ミネラルウォーターの
パイオニア的存在である「六甲のおいしい水」は、
当時、1リットル紙パックで発売しました。(※現在は事業譲渡)

CLICK

1995(平成7年) 冷しゃぶドレッシング

ゆでたお肉と生野菜をあっさり、
おいしく食べられる冷しゃぶ専用のドレッシングです。

CLICK

2004(平成16年) ウコンの力

健康成分「ビサクロン」を含有する秋ウコンエキスとクルクミンを配合。
スパイスの一種であるウコンの本来の力をお届けします。
(※現在はグループ会社のハウスウェルネスフーズ㈱が製造・販売)

CLICK

2007(平成19年) スープdeおこげ

おこげのカリッと揚がった香ばしさと、スープに浸った後の
モチモチとした食感の両方を楽しむことができる“おこげスープ”。(※現在は終売)

CLICK

2011(平成23年) のっけてジュレぽん酢

料理にのせたり、からめたりしてさっぱり食べられる、
ノンオイルのジュレタイプのぽん酢。(※現在は終売)

CLICK

2012(平成24年) パパン

食パンにバターを塗りふりかけるだけ。
いつものトーストで色々な味が楽しめる。

CLICK

2014(平成26年) まぜてマジック

マヨネーズ、しょうゆ、ごま油など、ご家庭にある調味料と本品を
決まった比率で混ぜるだけで、味付けがピタリと決まった
色々な料理のたれやソースができる“合わせダレの素”。(※現在は終売)

CLICK